正信偈の段落構成

更新日:

お経の途中から音程が変わるけど、意味があるの?
3つの段落から構成されているけれど、音程が変わるところは段落の節目じゃないんだ
まぎらわしいところで音程が変わるんだね

正信偈は3つの段落で構成されている

正信偈は大きく分けて3つの段落に分けられます。

ポイント

帰敬序ききょうじょ】帰命無碍光如来 南無不可思議光( 2行 14文字)
依経段えきょうだん】法蔵菩薩因位時〜難中之難無過斯(42行294文字)
依釈段えしゃくだん】印度西天之論家〜唯可信斯高僧説(76行532文字)

①「帰敬序」とは、親鸞聖人の「阿弥陀様にお任せします」という2行から始まります。

②「依経段」とは、お経を根拠として、阿弥陀仏のお話をされます。

③「依釈段」とは、インド・中国・日本のお坊さん7人の話から阿弥陀様の理解について深めます。

また②の「依経段えきょうだん」について、3つの段落に分けられます。

依釈段の段落分け

弥陀章みだしょう】法蔵菩薩因位時〜必至滅度願成就 (18行126文字)
釈迦章しゃかしょう】如来所以興出世〜応信如来如実言 ( 4行 28文字)
結嘆けったん】 能発一念喜愛心〜難中之難無過斯 (20行140文字)

「弥陀章」とは、お経『仏説無量寿むりょうじゅ経』を根拠に阿弥陀様を説明されます。

「釈迦章」とは、お釈迦様が2500年前にインドにお生まれになった理由を述べられます。

「結」阿弥陀仏のみ教えによって、凡夫がどのようになるのか、その利益りやくを説明されます。

また③の「依釈段えしゃくだん」について、以下のように分けられます。

ポイント

七祖ひちそ総讃そうさん】印度西天之論家〜明如来本誓応機(4行28文字)
龍樹讃りゅうじゅさん】釈迦如来楞伽山〜応報大悲弘誓恩(12行84文字)
天親てんじん讃】天親菩薩論註解〜入生死園示応化(12行84文字)
曇鸞どんらん讃】本師曇鸞梁天子〜諸有衆生皆普化(12行84文字)
道綽どうしゃく讃】道綽決聖道難証〜至安養界証妙果 (8行56文字)
善導ぜんどう讃】善導独明仏正意〜即証法性之常楽 (8行56文字)
源信げんしん讃】源信広開一代教〜大悲無倦常照我 (8行56文字)
源空げんくう讃】本師源空明仏教〜必以信心為能入 (8行56文字)
結嘆けったん】 弘経大士宗師等〜唯可信斯高僧説 (4行28文字)

「七祖総讃」とは、これから述べられる7人の高僧を誉められます。この7人の高僧は阿弥陀様について、その救済について書物を残されています。

「龍樹讃」とは、インドの龍樹菩薩の事で、「有無うむけん」や「難行なんぎょう陸路ろくろ」「易行いぎょう水道すいどう」と述べられました。

「天神讃」とは、インドの天親菩薩の事で、浄土経典に基づいて「一心いっしん」つまり南無阿弥陀仏ひとつで悟りを得ることを述べられました。

「曇鸞讃」とは、中国の曇鸞大師の事で、「不老不死」の仙経せんぎょうを焼き捨て浄土教に帰依きえされたかたです。ただ他力信心のみによって往生していくことを明らかにされました。

「道綽讃」とは、中国の道綽禅師の事で、時代的に自力の修行をしても駄目なので、阿弥陀仏の功徳が備わった念仏「南無阿弥陀仏」と称えることを勧められた。

「善導讃」とは、中国の善導大師の事で、阿弥陀様の救いの目当ては善悪の凡夫人であり、けっして破られることのない他力の信心によって浄土に往生することを明らかにされた。

「源信讃」とは、日本の源信僧都そうずの事で、仏教を広めた人で自力では本当の浄土には生まれることができないので、阿弥陀仏の建立されたお浄土に参れるのは、ただ念仏「南無阿弥陀仏」だけだとお示しくださいました。

「源空讃」とは、親鸞聖人のお師匠様である法然聖人の事で、著書『選択集せんじゃくしゅう』によって浄土往生を説き広め、本願を疑い、自力はからいを除くことが浄土往生できる方法なのだとお示しくださいました。

最期に結嘆けったん」まとめとして、親鸞聖人がこの阿弥陀様の救済に感動し、この高僧方が伝えてこられた浄土真宗のみ教えを信じるように勧められています。

Copyright© 正信偈全文の意味と解説と現代語訳【ルビ付き】 , 2019 All Rights Reserved.