正信偈の意味【帰命無量寿如来 南無不可思議光】全文現代語訳

更新日:

現代語訳

限りない命の阿弥陀如来にお任せし、思いはかることのできない光の阿弥陀如来に帰依したてまつる。

この度は、正信偈「帰命無量寿如来 南無不可思議光」について意味を分かりやすく解説します。

語句説明

帰命・・・昔のインドの言葉、サンスクリット語の「ナマス」を漢訳されたもので、心から信じ敬うという意味。「帰依、お任せする」という事。阿弥陀様が「苦しみ悩む私たちを必ず救う」という事に、我が身を任せること。その仰せにしたがうこと。つまり南無阿弥陀仏とは、「阿弥陀仏に我が身をまかせる」という意味です。

南無・・・帰命と同じ意味

無量寿・・・昔のインドの言葉、サンスクリット語の「アミターユス」を漢訳したもので、無量寿とは限りない命(寿)の仏様という意味。救いの時間的無限性を表し、これから先も絶えることがない。

如来・・・仏様のこと。

不可思議光・・・昔のインドの言葉、サンスクリット語の「アミターバ」を漢訳したもので、無量光とは限りのない光の仏様という意味。空間的な無辺性を表す。つまり救済の範囲は無限の空間であることを表す。

帰命無量寿如来って始まるけど、呪文みたいだよね
実は1つ1つ意味がある言葉なんだよ
それなら分かりやすく横に解説あればいいのにね

正信偈の原文

帰命無量寿如来
きみょうむりょうじゅにょらい
南無不可思議光
なもふかしぎこう

正信偈の書き下し文と現代語訳

【書き下し文】無量寿如来に帰命し 不可思議光に南無したてまつる

【現代語訳】限りない命の阿弥陀如来にお任せし、思いはかることのできない光の阿弥陀如来に帰依したてまつる。

正信偈の分かりやすい解説

帰命とは

「正信偈」は、「帰命無量寿如来」から始まり「唯可信斯高僧説」までの840文字のことです。念仏以降の部分を和讃(わさん)といいます。
「帰命無碍光如来 南無不可思議光」の二句は、「帰敬序」といわれ、書籍でいう「はじめに」にあたります。「阿弥陀様に我が身をお任せする」ということが2度重ねて「帰命無碍光如来 南無不可思議光」と書かれています。冒頭に著者である親鸞聖人ご自身のお気持ちが示されることで、「正信偈」の方向性を明らかにし、自らの阿弥陀様への信仰を表明されているのです。

段落
帰敬序・依経段・依釈段と3つに分けられた理由

お経の途中から音程が変わるけど、意味があるの? 3つの段落から構成されているけれど、音程が変わるところは段落の節目じゃないんだ まぎらわしいところで音程が変わるんだね 正信偈は3つの段落で構成されてい ...

続きを見る

「帰命」と「南無」は同じ意味です。「帰命」は、「ナマス」というインドの言葉サンスクリット語を中国の漢字に翻訳されたものです。仏教は昔のインド、お釈迦様が誕生されたことから始まります。お経はすべてサンスクリット語で書かれ、中国に伝えられました。そして三蔵法師などたくさんのお坊さんによって翻訳されたのですが、「ナマス」の意味を中国の言葉に置き換えて「帰命」と訳したり、発音を漢字に写し換えて「南無」という字を当てはめました。帰命も南無も同じで「依り処、お任せする、身を委ねる」という意味です。

「お任せする、身を委ねる」という意味では、「帰命」以外にも「信従」「度我」「救我」という言葉もありましたが、帰命という言葉が適役とされて使われています。もしかしたら、「信従無量寿如来」となっていたかもしれません。

如来とは

如来とは、仏さまのことです。この正信偈では、「無量寿如来」も「不可思議光」も仏様のことです。

そもそも「如来」とは、「如」は「如実なるもの」=「真実」という意味です。「真実」を悟られたのが仏(仏陀=覚者、真実に気づいた者)ですが、仏とは自身の悟りの境地に留まることなく、「真実」に気づかない「迷える私たち」に、「真実」を知らせようと、はたらき行動を起こします。その「はたらき」を「如実」(真実)から「来迎」してくださった方という事で「如来」=「仏様」というのです。形のない「真実」は、いつでも、どこでも、はたらいていますが、その救済の中心には、「今」「ここで」「私を目当て」として阿弥陀様の救済ははたらいてくださっています。

無量寿とは

「無量寿」とは、量に限りが無い寿命ということです。『仏説無量寿経』というお経には、阿弥陀如来がまだ仏に成られる前のことが説かれています。そのときは、法蔵菩薩という菩薩の位だったですが、仏に成る前に48の願いを起こされました。そしてその願いがすべて成就し、阿弥陀仏に成られたとお経には説かれています。その48願中の第13願には「寿命無量の願」といわれ、

第13願

私が仏に成るとしても、寿命に限りがあるならば、私は仏には成らない

という願いを建てられました。その願いが成し遂げられて仏と成られたので、阿弥陀如来の寿命は無量というのです。過去と現在と未来と、いつも悩み苦しむ人びとがいます。それらの人びとを、すべて救いたいと願われる阿弥陀仏は、無限の寿命なのです。阿弥陀仏の寿命には限りがないから、今こうやって私達が仏教に出会えているのです。

阿弥陀経には

阿弥陀経

かの仏の寿命およびその人民〔の寿命〕も無量無辺阿僧祇劫なり。ゆゑに阿弥陀と名づく。

阿弥陀様を、無量寿無量光と表されますが、中国ではよくよく無量寿仏と表現されます。『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』といったように、無量寿という言葉が経典の題名にも用いられています。これは中国の歴史の中で、不老不死を求めた逸話が多かったことが原因と考えられます。曇鸞大師が仙経を求めたのも、不老不死が目的だったことからも、1つの理想とされていたことがあります。しかし、親鸞聖人は無量寿という表現よりも、無量光の表現を多く使用していました。

中国
曇鸞大師とは、どんな人だったのか

曇鸞大師について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、本願他力の回向を明らかにされた方です。 曇鸞大師って聞くと、どんな大師?って聞こえるけど お坊さんの名前は変わっているからね。お坊 ...

続きを見る

無量光とは

「不可思議光」の「光」は、阿弥陀如来の私を照護する力(はたらき)です。親鸞聖人の残された書写には、「帰命尽十方無碍光如来」「南無不可思議光」や、本典の中では、「大行とは無碍光如来の名を称するなり」といったように、阿弥陀様を表す時に、無量寿という表現よりも無量光の表現を多用された。

なぜ光で表現されたのでしょうか。

暗闇に光が入れば周りが見えるように、阿弥陀様の光によって私たちの周りは光照らされます。すべてのものを照らし出す仏の「はたらき」を不可思議光と言い表されています。「思議」とは私たちが頭で考えたり、想像したり表現したりすることです。それが私たちには「不可」(できない)から阿弥陀様のことを不可思議といいます。私たちの人間の頭では限界があります。その限界を超えた存在だからこそ、「不可思議光」といわれるのです。『仏説無量寿経』の48願中の第12願が「光明無量の願」といわれています。

第12願

私が仏に成るとしても、光明に限りがあって、あらゆる世界を照らし出さないのであれば、私は仏には成らない

と誓われています。その誓いが実現し、阿弥陀仏の照護する「はたらき」が、無限の空間を包み込むことを表わしています。

また阿弥陀経には

阿弥陀経

かの仏の光明無量にして、十方の国を照らすに障礙するところなし。このゆゑに号して阿弥陀とす。

とあります。照らし遮られることがないということは、どこにいても阿弥陀様の救済の中であることを表しています。こうして親鸞聖人は、一言一言の論拠を確かめられた上で「正信偈」を作られました。

まとめ

正信偈の「帰命無碍光如来 南無不可思議光」とは、親鸞聖人の書き始めの信仰表明であり、「阿弥陀様に我が身を任せると」重ねて2回同じ言葉を繰り返されています。

補注

一言付け加えますが、最初に2句を親鸞聖人の信仰表明という見方以外にも、「南無阿弥陀仏」それすべてが仏さまの「名前」だという見方もあります。唯信鈔には「[尊号]と申すは南無阿弥陀仏なり。」と記されており、「南無」はお任せするのではなく、仏さまが「私たちに南無させる」という見方です。これは後に出てくる信心などに関係しますが、「私が信じたのではなく、阿弥陀様によって信じせしめられた」といった使い方があります。

この違いは、衆生の立場で考えるか、仏さまの立場で考えるかの違いによって表現が変わります。確かに信心については、我が心で発す信心ではないので信ぜしめられるのですが、阿弥陀様の救済(はたらき)が届いた私の立場で考えると、信じる身になったと言えます。

正信偈の冒頭は「帰敬序」であるという事から、ここでは「私の立場」(ここでは親鸞聖人の立場)から考えて、阿弥陀様に我が身をお任せするという見方が正しい解釈となります。

正信偈の出拠【参考文】

『大経』無量寿仏の威神光明は、最尊第一なり。諸仏の光明、及ぶことあたはざるところなり。

『大経』無量寿仏は寿命長久にして称計すべからず。

『阿弥陀経』舎利弗、かの仏の光明無量にして、十方の国を照らすに障礙するところなし。このゆゑに号して阿弥陀とす。また舎利弗、かの仏の寿命およびその人民〔の寿命〕も無量無辺阿僧祇劫なり。ゆゑに阿弥陀と名づく。

『銘文』「一切善根荘厳浄土」といふは、阿弥陀の三字に一切善根ををさめたまへるゆゑに、名号をとなふるはすなはち浄土を荘厳するになるとしるべしとなりと。

『本典』つつしんで真仏土を案ずれば、仏はすなはちこれ不可思議光如来なり、土はまたこれ無量光明土なり。しかればすなはち、大悲の誓願に酬報するがゆゑに、真の報仏土といふなり。すでにして願います、すなはち光明・寿命の願(第十二・十三願)これなり。

『玄義分』また南はこれ帰、無はこれ命なり。

『本典』南無といふは、すなはちこれ帰命なり、またこれ発願回向の義なり。

『本典』ここをもつて「帰命」は本願招喚の勅命なり。「発願回向」といふは、如来すでに発願して衆生の行を回施したまふの心なり。

『銘文』「言南無者」といふは、すなはち帰命と申すみことばなり。帰命は、すなはち釈迦・弥陀の二尊の勅命にしたがひて、召しにかなふと申すことばなり。このゆゑに「即是帰命」とのたまへり。「亦是発願回向之義」といふは、二尊の召しにしたがうて、安楽浄土に生れんとねがふこころなりとのたまへるなり。

『浄土文類聚鈔』西方不可思議尊

『銘文』帰命は、すなはち釈迦・弥陀の二尊の勅命にしたがひて、召しにかなふと申すことばなり。

『観経疏』(散善義)仰ぎて釈迦発遣して指して西方に向かはしめたまふことを蒙り、また弥陀悲心をもつて招喚したまふによりて、いま二尊(釈尊・阿弥陀仏)の意に信順して、

『本典』大行とはすなわち無碍光如来の名を称するなり。

『唯信鈔文意』「尊号」と申すは南無阿弥陀仏なり。

Copyright© 【全文】正信偈の意味と丁寧な解説【ルビ現代語訳】 , 2019 All Rights Reserved.