正信偈全文の現代語訳【解説付き】

更新日:

正信偈は840文字に収められた2500年の仏教の歴史と阿弥陀仏の救済が説かれています。現代語訳の意訳を全文読みながら、正信偈と見比べて御覧ください。

正信偈は漢字ばかりで分からないから、これからは現代語訳を読めばいいんじゃないの?
正信偈の現代語訳を一緒に読んでもいいけれど、簡単にまとめたつもりが3000文字以上になっちゃった
それなら、意味を理解して正信偈の原文を読むほうが早くていいね

正信偈現代語訳「帰命無碍光如来~南無不可思議光」まで

第1段落 帰敬序ききょうじょ

帰命無量寿如来
南無不可思議光

限りない命の如来に帰命し、思いはかることのできない光の如来に帰依きえしたてまつる。つまり阿弥陀様に我が身をおまかせします。

正信偈現代語訳「法蔵菩薩因位時~必至滅度願成就」まで

第2段落の依経段えきょうだん弥陀章みだしょう

法蔵菩薩因位時
在世自在王仏所
覩見諸仏浄土因
国土人天之善悪
超発希有大弘誓
五劫思惟之摂受
重誓名声聞十方

阿弥陀様がまだ仏になられる前の法蔵ほうぞう菩薩ぼさつだったころ、世自在せじざい王仏おうぶつのもとで、他の素晴らしい仏の世界の成り立ちや、その国の様子や人間や神々の善い所や悪い所をご覧になり、この上なく勝れた願いを建て、世にも稀な(すべての苦しみ悩む人々を救済するという)大いなる誓いをおこされた。五劫ごこうという果てしなく長い間考えられてこの誓願せいがんを選び取り、南無阿弥陀仏という名号みょうごう(念仏)をすべての人々に聞えるようにと誓われました。これを本願ほんがんといい『仏説無量寿むりょうじゅ経』の48願中の第18番目に説かれています。

『仏説無量寿経』第18願

わたし(法蔵菩薩:阿弥陀仏の前身)が仏になるとき、すべての人々が私を心から信じて、我が極楽ごくらく浄土に生れたいと願い(これを至心ししん信楽しんぎょうの願という)、わずか十回でも念仏して、もしあなたが仏に生れることができないようなら、わたしは決してさとりを開きません。ただし、五逆ごぎゃくの罪を犯したり、仏の教えをそしるものだけは除かれます。

逆悪とは
五逆について詳しく

現代語訳 善悪のすべての人を哀れんで、光明と名号が縁となり因となってお救いくださると示された。 この度は、正信偈「矜哀定散与逆悪 光明名号顕因縁」について意味を分かりやすく解説します。 語句説明 矜哀 ...

続きを見る

普放 / 無量 / 無辺光
無碍 / 無対 / 光炎王
清浄 / 歓喜 / 智慧光
不断 / 難思 / 無称光
超日月光 / 照塵刹
一切群生蒙光照
本願名号正定業
至心信楽願為因
成等覚証大涅槃
必至滅度願成就

本願を成就された仏は、

①はかり知れなず尽きない光明
②届かぬところのない光明
③妨げられるもののない光明
④比べもののない光明
⑤威力が大で勝れている光明
⑥貪りの心を滅ぼす清らかな光明
⑦憎しみの心を滅する喜びの光明
⑧迷いの心を滅す智慧の光明
⑨休まず断えることのない光明
⑩人間の思いも及ばない光明
⑪ことばで表現し尽くせない光明
⑫日月の輝きをも超えた光明

という様々なはたらきの光を放って、国々を照らし、すべての苦しみ悩む人々はその光に照らされました。本願ほんがん成就じょうじゅ名号みょうごう(=南無阿弥陀仏)は我々が間違いなく往生するためのぎょうであり、『仏説無量寿経』に説かれている第18番目の至心ししん信楽しんぎょうの願に誓われている信心を浄土に生まれていく正しい因と明らかにされた。「正定聚しょうじょうじゅ」という極楽浄土に生まれたときには仏になることが約束されており、浄土に往生してさとりを開くことができるのは、『仏説無量寿経』に説かれている第11番目の必至ひっし滅度めつどの願が成就されたことを根拠としている。

正信偈現代語訳「如来所以興出世~応信如来如実言」

第2段落の依経段えきょうだん釈迦章しゃかしょう

如来所以興出世
唯説弥陀本願海
五濁悪時群生海
応信如来如実言

お釈迦様がこの世にお出ましになられたのは、ただ阿弥陀仏の救済を説くためであった。五濁ごじょくの世の人々は、お釈迦様の教えを信じるがよい。

五濁とは
五濁について説明

現代語訳 五濁ごじょくの世の人々は、釈尊のまことの教えを信じるがよい。 この度は、正信偈「五濁悪時群生海 応信如来如実言」について意味を分かりやすく解説します。 語句説明 五濁ごじょく・・・末法まっぽ ...

続きを見る

正信偈現代語訳「能発一念喜愛心~難中之難無過斯」まで

第2段落の依経段の得益とくやく

(以下に3つのご利益りやくを紹介される。)

能発一念喜愛心
不断煩悩得涅槃
凡聖逆謗斉回入
如衆水入海一味

第1利益:必ずみな等しく救われる

阿弥陀仏より御信心を賜り、その救済を喜ぶ人は、自ら煩悩を断ち切らないまま、浄土でさとりを得ることができる。凡夫も聖者も、五逆ごぎゃくのものも謗法ほうぼうのものも、みな阿弥陀様の本願海ほんがんかいに身を委ねるならば、どの川の水も海に入ると一つの味になるように、等しく救われる。

摂取心光常照護
已能雖破無明闇
貪愛瞋憎之雲霧
常覆真実信心天
譬如日光覆雲霧
雲霧之下明無闇

第2利益:煩悩があっても大丈夫

阿弥陀仏の光明はいつも苦しみ悩む人々をおさってお護りくださる。すでに無明の闇は晴れても、貪りや怒りの雲や霧は、いつも私たち信心の空を覆っている。しかし、たとえば日光が雲や霧にさえぎられても、その下は明るくて闇がないのと同じであるように、何度も私たちの心が煩悩に飲み込まれようとも、阿弥陀様の光(救済)の届かない所はない。

獲信見敬大慶喜
即横超截五悪趣
一切善悪凡夫人
聞信如来弘誓願
仏言広大勝解者
是人名分陀利華

第3利益:あなたは諸仏から褒め称えられた尊い存在である

信心を得て、その救済をよろこび敬う人は、ただちに阿弥陀様の力によって迷いの世界の苦しみの連鎖から断ち切られる。善人であろうと仏教に背を向ける悪人であろうと、どのような人であっても、阿弥陀仏の本願を信じれば、仏はこの人をすぐれた智慧を得たものであると讃え、汚れのない白い蓮の花のような人とお褒めになられた。

弥陀仏本願念仏
邪見憍慢悪衆生
信楽受持甚以難
難中之難無過斯

依経段えきょうだんのまとめ

以上のことにより、阿弥陀仏の本願念仏の教えは、よこしまな考えを持ち、おごり高ぶる自力のものが、信じることは実に難しい。難の中の難であり、これ以上に難しいことはない。

正信偈現代語訳「第3段落の依釈段」

7人の高僧を紹介する序分「印度西天之論家〜明如来本誓応機」

印度西天之論家
中夏日域之高僧
顕大聖興世正意
明如来本誓応機

インドの菩薩方や中国と日本の高僧方が、お釈迦様が世に出られた本意をあらわし、阿弥陀仏の本願は苦しみ悩む私たちのために建てられたことを明らかにされた。

インドの龍樹菩薩について「釈迦如来楞伽山〜応報大悲弘誓恩」

釈迦如来楞伽山
為衆告命南天竺
龍樹大士出於世
悉能摧破有無見
宣説大乗無上法
証歓喜地生安楽
顕示難行陸路苦
信楽受持甚以難
憶念弥陀仏本願
自然即時入必定
唯能常称如来号
応報大悲弘誓恩

お釈迦様は楞伽山りょうがせんで人々に、「南インドに龍樹菩薩が現れて、有無の邪見じゃけんをすべて打ち破り、尊い大乗だいじょうほうを説き、歓喜地かんぎちの位に至って、阿弥陀仏の浄土に往生するだろう」と仰せになった。龍樹菩薩は難行道なんぎょうどうは苦しい陸路りくろでありこれを否定し、易行道いぎょうどうは楽しい船旅のようであるとお勧めになる。「阿弥陀仏の本願を信じれば、おのずからただちに正定聚しょうじょうじゅに入る。ただ常に阿弥陀仏の名号を称え、本願の大いなる慈悲の恩に報いるがよい」と述べられた。

難易二道
【紹介】龍樹菩薩とは、どんな人だったのか

龍樹菩薩について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、仏教界に空の思想を広めた偉大な方です。 龍樹菩薩って名前だけでも、すごい強そうだよね 強くはないけれど、仏教界では八宗の祖とも言わ ...

続きを見る

インドの天親菩薩について「天親菩薩論註解〜入生死園示応化」

天親菩薩造論説
帰命無碍光如来
依修多羅顕真実
光闡横超大誓願
広由本願力回向
為度群生彰一心
帰入功徳大宝海
必獲入大会衆数
得至蓮華蔵世界
即証真如法性身
遊煩悩林現神通
入生死園示応化

天親菩薩は浄土論じょうどろん』を著して、「無礙光むげこう如来に帰依きえしたてまつる」と述べられた。浄土の経典に基づいて阿弥陀仏のまことをあらわされ、横超おうちょうのすぐれた誓願せいがんを広くお示しになり、阿弥陀仏が我々に功徳を差し向ける本願力回向えこうによって、すべてのものを救い、一心いっしんすなわち他力の信心の重要性を明らかにされた。「本願の名号に帰し、大いなる功徳の海に入れば、浄土に往生する身と定まる。阿弥陀仏の浄土に往生すれば、ただちに真如しんにょをさとった身となり、さらに迷いの世界に還り、神通力文じんずうりきをあらわして自在に苦しみ悩む人々を救うことができる」と述べられた。

宣布一心
【紹介】天親菩薩とは、どんな人だったのか

天親菩薩について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、一心を明らかにされた方です。 天親というと、福岡の街を思い浮かべるけど 関係はないよ。天親菩薩の「親」は親鸞聖人の名前の由来になっ ...

続きを見る

中国の曇鸞大師について「本師曇鸞梁天子〜諸有衆生皆普化」

本師曇鸞梁天子
常向鸞処菩薩礼
三蔵流支授浄教
焚焼仙経帰楽邦
天親菩薩論註解
報土因果顕誓願
往還回向由他力
正定之因唯信心
惑染凡夫信心発
証知生死即涅槃
必至無量光明土
諸有衆生皆普化

曇鸞大師はりょう武帝ぶていが常に菩薩と仰がれた方である。菩提ぼだい流支るし三蔵さんぞうから浄土の経典を授けられ、不老長寿の書かれたせんぎょ:うを焼き捨てて浄土の教えに帰依きえされた。天親菩薩の『浄土論じょうどろん』を註釈ちゅうしゃくして、浄土に往生する因も果も阿弥陀仏の誓願せいがんによることを明らかにし、往相おうそう還相げんそうも他力の回向えこうであると示された。「浄土へ往生するための因は、ただ信心一つである。煩悩具足の凡夫という苦しみ悩む人でもこの信心を得たなら、仏のさとりを開くことができる。はかり知れない光の浄土に至ると、あらゆる人々を導くことができる」と述べられた。

自力他力
【紹介】曇鸞大師とは、どんな人だったのか

曇鸞大師について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、本願他力の回向を明らかにされた方です。 曇鸞大師って聞くと、どんな大師?って聞こえるけど お坊さんの名前は変わっているからね。お坊 ...

続きを見る

中国の道綽禅師について「道綽決聖道難証〜至安養界証妙果」

道綽決聖道難証
唯明浄土可通入
万善自力貶勤修
円満徳号勧専称
三不三信誨慇懃
像末法滅同悲引
一生造悪値弘誓
至安養界証妙果

道綽禅師は聖道門しょうどうもんの教えによってさとるのは難しく、浄土門じょうどもんの教えによってのみさとりに至ることができることを明らかにされた。自力の行はいくらおさめても劣っているとして、あらゆる功徳をそなえた名号みょうごう(=南無阿弥陀仏)を称えることをお勧めになる。三信さんしん三不信さんぷしんの教えを懇切丁寧に示し、正法しょうぼう像法ぞうぼう末法まっぽう法滅ほうめつというどの時代においても、本願念仏のおしえは変らず人々を救い続けることを明らかにされた。「たとえ生涯、仏になる功徳が積めず、仏教に背を向ける悪をつくり続けても、阿弥陀仏の本願を信じれば、浄土に往生しこの上ないさとりを開く」と述べられた。

聖浄二門
【紹介】道綽禅師とは、どんな人だったのか

道綽禅師について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、仏教には時代にあった教えに帰依するべきであると末法思想を広められた方です。 道綽決聖どうなんしょ〜って人でしょ? 空耳の名前だけは ...

続きを見る

中国の善導大師について「善導独明仏正意〜即証法性之常楽」

善導独明仏正意
矜哀定散与逆悪
光明名号顕因縁
開入本願大智海
慶喜一念相応後
与韋提等獲三忍
即証法性之常楽

善導大師はただ独り、智顗ちぎ慧遠えおんという僧侶の『仏説観無量寿かんむりょうじゅ経』(観経かんぎょう)の間違った解釈について、説を正して教えの真意を明らかにされた。善悪のすべての人を哀れんで、光明と名号が縁となり因となってお救いくださると示された。「本願の大いなる智慧ちえの海に入れば、行者は他力の信を回向えこうされ、如来の本願にかなうことができたそのときに、『観経かんぎょう』に説かれる韋提希いだいけと同じく喜忍きにん悟忍ごにん信忍しんにん三忍さんにんを得て、浄土に往生してただちにさとりを開く」と述べられた。

古今楷定
【紹介】善導大師とは、どんな人だったのか

善導大師について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、お経の解釈について同時代の僧侶の解釈の誤りを指摘し阿弥陀様のお心を広められた方です。 お経では、ここから雰囲気が変わるよね 七高僧 ...

続きを見る

日本の源信和尚について「源信広開一代教〜大悲無倦常照我」

源信広開一代教
偏帰安養勧一切
専雑執心判浅深
報化二土正弁立
極重悪人唯称仏
我亦在彼摂取中
煩悩障眼雖不見
大悲無倦常照我

源信和尚は、お釈迦様の説かれた教えを広く学ばれて、ひとえに浄土を願い、また世のすべての人々にもお勧めになった。さまざまな行をまじえて修める自力の信心は浅く、化土けどという浄土の片隅で仏様が見れない所にしか往生できないが、念仏一つをもっぱらおさめる他力の信心は深く、報土ほうどという清らかな世界に往生できると明らかに示された。「きわめて罪の重い悪人はただ念仏すべきである。わたしもまた阿弥陀仏の光明の中におさられているけれども、煩悩がわたしの眼をさえぎって、見たてまつることができない。しかしながら、阿弥陀仏の大いなる慈悲の光明は、そのようなわたしを見捨てることなく常に照らしていてくださる」と述べられた。

報化二土
【紹介】源信和尚とは、どんな人だったのか

源信和尚について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、報化二土を明らかにし、天台宗の立場でありながら念仏を一番に勧められた方です。 源信の名前を知っていると、どうしても「後海」って聞こ ...

続きを見る

日本の源空(法然)聖人について「本師源空明仏教〜必以信心為能入」

本師源空明仏教
憐愍善悪凡夫人
真宗教証興片州
選択本願弘悪世
還来生死輪転家
決以疑情為所止
速入寂静無為楽
必以信心為能入

源空上人(法然聖人)は、深く仏の教えをきわめられ、善人も悪人もすべての凡夫を哀れんで、この国に往生浄土の真実の教えを開いて明らかにされ、選択せんじゃく本願ほんがんおしえ五濁ごじょくの世にお広めになった。「迷いの世界に輪廻りんねし続けるのは、本願を疑いはからうからである。速やかにさとりの世界に入るには、ただ本願を信じるより他はない」と述べられた。

選択本願
【紹介】法然聖人とは、どんな人だったのか

法然聖人(源空上人)について説明します。親鸞聖人が記された「正信偈」の中に登場し、数多くある修行の中から念仏が最も重要で、阿弥陀様の救済の証であることを示し、当時は貴族や国家のためだけの仏教から、町の ...

続きを見る

まとめ「弘経大士宗師等〜唯可信斯高僧説」

弘経大士宗師等
拯済無辺極濁悪
道俗時衆共同心
唯可信斯高僧説

浄土の教えを広めてくださった祖師方そしがたは、数限りない五濁ごじょくの世の衆生しゅじょうをみなお導きになる。出家の人も在家の人も今の世の人々はみなともに、ただこの高僧方の教えを仰いで信じるがよい。

Copyright© 正信偈全文の意味と解説と現代語訳【ルビ付き】 , 2019 All Rights Reserved.